HOME > ニュースリリース

ニュースリリース

2010年12月17日
魅力的な言葉の裏には・・・(防腐剤編)

化粧品の広告などで、よく目にし耳にする「○○フリー」「△△は使っていません」の文字。

一見、とても魅力的な言葉に思いますが、実はその裏には危険が潜んでいることもあります。



全ての生物は水と栄養分があれば生きていけます。動物も、植物も、目に見えない菌も同じです。

私たちの目には見えませんが空気中にも菌が存在します。

私たちの手や顔にも菌がいっぱいです。その手で化粧品を使ってスキンケアをします。

そうすると栄養がいっぱいの化粧品の中に菌が入り込み、そこで増殖していきます。



このようなことを防ぐために防腐剤フリーといういい言葉の響きをうたうために、違う成分名で

防腐効果のあるものが入っていたりします。

フリーといいながら、必ずそこには防腐の工夫はなされています。

防腐剤フリーが肌には安全と思っていると、実は目に見えない菌でいっぱいの化粧品を使っている

ことになります。



入れなくていいものは入れないことが原則ですが、「防腐剤フリー」という言葉から思い浮かべる

響きに惑わされず入れる必要性、物事の本質を考えてみて下さい。

「○○フリー」「△△は使っていません」という言葉の裏に潜んでいる危険性を判断する目が、

自分自身のために必要となるのではないでしょうか?